留分減殺請求

  • 遺留分を取り戻すには、遺留分を侵害している者に対して請求しなければなりません。これを遺留分減殺とよび、この請求権のことを遺留分減殺請求権といいます。この請求は裁判所の関与を要せず遺留分を侵害している者に対して、遺留分減殺の意思表示をすればよいのです。通常は、遺留分減殺請求書を内容証明郵便で送ります。

 

遺留分減殺請求権の時効

  • 遺留分減殺請求権は、遺留分を侵害された相続人が、相続の開始および減殺すべき贈与または遺贈があったことを知ったときから1年、あるいは相続開始から10年を過ぎると時効により消滅します。
     
     

遺留分減殺請求の順序 

 

   ?遺 贈 → ?生前贈与のうち新しいもの(相続開始に近い) → ?前の贈与