相続が争続になる前に!

[check]ウチは、財産がないから大丈夫?
 ところが、相続トラブルのうち1千万円以下の財産で31.9%、5千万円以下で43%、合わせて7割5分を占めています。つまり、ちょっとした不動産と預金ぐらいの規模であっても裁判所に持ち込まれる程こじれるのです。
[check]ウチは、家族仲良しだから問題ない?
 これまで問題が出なかったのは、あなたが生きていたからです。もし、あなたが亡くなれば、家族のバランスが崩れ、これまでの家族関係が変わることもありえます。
[check]ウチは、夫婦だけだから手続きが簡単?
 夫婦間に子供がない場合に夫が亡くなると、妻が全財産を相続できると誤解している人がいます。夫に(親がなく)兄弟姉妹がいれば、その人たちも相続人となり、相続手続きは大変になります。

souzoku.jpg

当ホームページを、ご訪問頂きありがとうございます

行政書士社会保険労務士の兼業事務所のため、相続手続・遺言書作成、年金請求等、幅広くサポート致します。

他士業とのネットワークによる相談体制

キャリア豊富な弁護士・司法書士・税理士・土地家屋調査士等とのネットワークにより、幅広い相談に対応致します。事務所案内

こんな方はご相談ください
[check]誰に相談していいか判らない。  
他士業との連携により、幅広い相談に応じます。
[check]メールでの相談を受けて欲しい。
メール相談(初回無料)にも完全に対応致します。
[check]メールでの相談は、情報が漏れそうで不安だ。
個人情報保護のため、メールフォームは、SSL暗号化通信を採用しています。ご安心ください。
[check]業務が終了した後も相談にのってほしい。
当事務所では、業務終了後6ヶ月間メールサポート致します。
[check]資格者は何となく怖い。
親切・丁寧がモットーですので、ご安心下さい。
[check]他人に知られたくない。
行政書士・社会保険労務士には、守秘義務が課せられていますのでご安心下さい。

相続は人生において、そう何度も起こるものではありません。その際に、相続に関する知識がないのは当り前のことです。また遺言を残す人が増えてきていますが、誤った知識により無効になるケースも見受けられます。

 

当事務所の相談ポリシー

相談をご希望の方は、事前にご連絡の上日時をご予約ください。

その1 相談は無料です

相談時間は、45分間以内となります

その2 ご依頼はお客様の任意です

弊所では、ご依頼の強要等は一切行いません。ご依頼料金等に関しては必ず事前にご説明させていただきます。ご納得のいただける場合のみご依頼ください。

その3 守秘義務は徹底します。

行政書士社会保険労務士は、法律で守秘義務が課せられています。お客様のプライバシーに関する事項については一切他言は致しません。
 

相続とは  

  • 相続というのは、人が亡くなったときにその人(被相続人いいます)の財産的な地位を、その人の子や妻など一定の身分関係にある人(相続人といいます)が受け継ぐということです。つまり、相続とは、被相続人の遺産を被相続人の死亡により相続人が受け継ぐことです。  

遺言とは  

  • 遺言(ユイゴンまたはイゴン)とは、人の生前における最終的な意思表示を尊重し、遺言者の死後にその意思を実現させる為に制度化されたものです。つまり、遺言によって遺言者が生前に自分の財産を自由に処分できることを法律は認めています。一方で、遺言に厳格な要件を定めて(一定の方式による書面にする等)それによらない遺言は無効としています。
    • 遺言書作成サポート
      • 遺言書原案の起案
      • 公証役場との打ち合わせ
      • 公証役場への同行(証人2人の準備)

無料メール相談お問い合わせ・見積もり依頼

  • 無料メール相談
    ※現在、電話での初回無料相談は受け付けておりません。(メール相談のみ)

免責事項

当サイトが提供する情報については万全を期してはおりますが、その内容を保証するものではありません。万が一、これらの内容を使用したことにより損害を被った場合についても、当事務所では一切責任を負いかねます。最終的な決定はご自身の判断にてお願いいたします。